なぜ婚活が上手くいかないのか、考えてみよう

「結婚したい」と思い、婚活に励んでいたのにうまくいかないときにはいくつかの原因が考えられます。例えば、自分の理想や相手に求める条件が高すぎる場合です。一生に一度の結婚相手ですから「妥協は禁物」ではありますが、残念ながら、自分の希望を全てを満たす男性はこの世にはいないと思っておくとよいでしょう。

 

自分にとって絶対に譲ることができないもの以外には、ある程度は妥協することも大切です。譲れる部分を探しておくとよいでしょう。婚活が煮詰まってきた時にこそ、自分が相手に求める人間性や条件に対して、再び見つめなおしてみる良い機会となります。

 

また、自分の理想や希望の条件から外れているというだけで、相手からのアプローチを断ってしまう方は、せっかく、相手に好意を持たれているのですから、一度でもよいので二人っきりで会ってみて相手のことをよく知る機会を作るとよいでしょう。実際に二人で会うとまた違う印象が生まれる場合もあります。結婚は恋人同士と違い「生活すること」が基本になります。

 

理想よりも相手との相性を見極めることが大切です。婚活がうまくいかないときには「どうしよう」「どうしたらいいの」と焦る気持ちでいっぱいになりますが、焦っているとうまくいくことも失敗しがちになります。ここは「急がば回れ」のことわざにもあるように、一度、冷静な気持ちになり、今後の婚活についてじっくりと考えてみるのがおすすめです。