アラフォー男性こそ、清潔感は必要

婚活で失敗するアラフォー男性には、いくつかの特徴があります。

 

1つ目は、最低限の清潔感がないことです。女性は不潔な男性が苦手で、結婚相手としては見られません。それに、せっかく自分と会うのに、身だしなみに気を使っていないということは、軽く見られているのではないか、と女性は感じてしまいます。ですので、とてもお洒落にする必要はありませんが、最低限の清潔感と身だしなみには気を使ったほうがいいです。それから、相手の話を聞けない男性は、婚活で失敗することが多いでしょう。

 

女性は一般的に見て、話すことが好きな人が多いです。自分の話をちゃんと聞いてくれていると感じたら、好印象を抱きます。逆に、女性の話を聞かずに、自分の話ばかりしているような男性は、とても悪い印象を持たれるでしょう。人は誰でも、自分の話を聞いてもらえたら嬉しいものです。女性は特に、同意してほしい、共感してほしいという気持ちが強い人が多いので、男性は、否定したり違う意見を言うよりも、まずは女性の話をよく聞いて、肯定することが大事です。

 

最後に、女遊びが激しそう、浮気しそう、という男性も、婚活で失敗する可能性が高いです。いくら魅力的でモテるとしても、そのことを自慢するような発言は控えたいものです。

アラサー女性~結婚できないのは、気が強くなりすぎているからでは?~

アラサー女性となると結婚を意識して婚活を始める方も多いと思いますが、よく見る失敗するパターンの女性の特徴に「気が強くなりすぎている」ということがあります。アラサーともなると社会経験もそこそこにあって知識やお金がついてきます。そのぶんプライドも高くなってくるけれど、周りが結婚し始めていることに焦りを感じて、そのプライドが空回りしているパターンです。

 

 

私もそれなりに大人になったのだから相手の男性にはなめられたくはないという気持ちが自己主張に繋がっていきます。私はこんなことも知っているし経験したきた、そんな話を強気で言ってしまうので相手の男性から引かれてしまうことになるのです。

 

 

結果的にその女性につく男性はおらずアラサー女性はさらに焦って、終いには「最近の男はどうしようもない」とグチを言ってしまうしまつです。そうなればさらに男性は離れてしまい、負の連鎖になってしまうのですね。

 

 

自分の経験は相手には関係のないことであり、相手が求めているのは一緒にいて居心地が良いのかというところなので、下手に大人なところを見せるのではなく相手のことを知ろうとすることが大事であり、成功に繋がることを知っていただきたいところです。

高望みしがちな女性は、婚活で苦戦しやすい

近頃は男女共に、婚活に力を入れている人も多いかと思います。しかし力を入れているにも関わらずなかなか成果が出ないといった方も中にはたくさんいるのではないでしょうか。特に女性の場合は相手に求める条件が多かったり、理想が高い場合が多く婚活に苦戦していることも少なくないでしょう。

 

女性も男性と同等に働くのが珍しくない時代ですが、妊娠や出産が出来るのは女性だけです。育児は男女共に出来ますが、主に女性がするものだという風潮は未だにあります。実際に男性が育児休暇を取得したら会社に居づらくなったという話も聞きますよね。

 

そういった背景からも、やはり女性が男性に収入や頼り甲斐を求めてしまうのは当然です。とはいえ、自分自身がそのような男性に見合う魅力的な女性でなければただの高望みでありうまくいくはずがありません。

 

ではどうしたらいいかと言うと、相手の男性に求める条件を少なくするか、自分自身を磨いてより魅力的な女性になるかの二択になります。そこに気付かず闇雲に婚活を繰り返していても、今度は今までにかけた時間や手間のことが頭をよぎり、妥協した相手で手を打ちたくないと意地になってしまいます。

 

男性から見た、自分自身の女性としての価値を正しく把握できておらず、高望みしがちな女性が婚活では苦戦しやすいのではないかと思います。

婚活サイトを使ってみて分かったこと

婚活サイトはいくつもありますが、女性は登録しプロフィールを作成した時点で、足あとやお気に入り登録、メッセージアピールと、数日で3桁を超える異性からのアクションやアプローチがあります。全員とメッセージ交換をすることは難しいのが現実で、もらったメッセージやプロフィールから自分の好みかよし悪し等を判断しふるいにかける必要があります。

 

その時に、あまり感情に流され過ぎず自分の譲れないポイントをぶらすことなく的確に判断できるかが必要になってくるので、ある意味計算的に行動できる人の方が向いています。また、数人もしくは数十人とメッセージ交換を日常的にすることになるので、連絡を取ることに対してある程度マメでめんどくさがりでないこと人が向いています。そして、出会いはたくさんあるもののすぐに出会いがあるとは限らないので、結婚をしたいという強い意思があることが大切だと思います。

 

 

気分で登録したり、勢いで婚活サイトに登録することは向いていないと言えるでしょう。エネルギーを消費する活動なので「絶対に結婚するぞ」という強い意志がない人はなかなか続かないと思います。短期間でたくさんの人と出会うチャンスがあるので、迷いも生じますし傷つく可能性もあるわけです。忍耐強く、飽き性でないことが必須になってきます。

 

また、複数の男性と連絡を取り合うようになるので、連絡することが苦痛でないこと、マメな人の方が婚活サイトを利用する場合は向いていると思います。自分のことを客観的に見れて分析できる力が多少なりとも必要のなるわけです。そして、婚活サイトを通じて出会ったことに引け目を感じるようであればオススメできません。周りの人に出会ったきっかけを言わないことは問題ないかと思いますが、後ろめたさを感じるようであれば、結婚した場合、多かれ少なかれそれが一生続くことになるので、良い出会いであったと解釈するのは難しいと思います。

なぜ婚活が上手くいかないのか、考えてみよう

「結婚したい」と思い、婚活に励んでいたのにうまくいかないときにはいくつかの原因が考えられます。例えば、自分の理想や相手に求める条件が高すぎる場合です。一生に一度の結婚相手ですから「妥協は禁物」ではありますが、残念ながら、自分の希望を全てを満たす男性はこの世にはいないと思っておくとよいでしょう。

 

自分にとって絶対に譲ることができないもの以外には、ある程度は妥協することも大切です。譲れる部分を探しておくとよいでしょう。婚活が煮詰まってきた時にこそ、自分が相手に求める人間性や条件に対して、再び見つめなおしてみる良い機会となります。

 

また、自分の理想や希望の条件から外れているというだけで、相手からのアプローチを断ってしまう方は、せっかく、相手に好意を持たれているのですから、一度でもよいので二人っきりで会ってみて相手のことをよく知る機会を作るとよいでしょう。実際に二人で会うとまた違う印象が生まれる場合もあります。結婚は恋人同士と違い「生活すること」が基本になります。

 

理想よりも相手との相性を見極めることが大切です。婚活がうまくいかないときには「どうしよう」「どうしたらいいの」と焦る気持ちでいっぱいになりますが、焦っているとうまくいくことも失敗しがちになります。ここは「急がば回れ」のことわざにもあるように、一度、冷静な気持ちになり、今後の婚活についてじっくりと考えてみるのがおすすめです。

トラブルの際、冷静に対処できる男性は素敵

何かトラブルが持ち上がったときに、あわてず騒がず、冷静に対処している男性を見ると本当に頼もしいです。そういう男性こそ結婚相手としていいなと思います。男性の中にも、ちょっとしたプレッシャーがかかったり、ピンチの場面などに慌ててしまい、頓珍漢な行動をしたり愚痴をこぼしたり、挙句の果てには八つ当たりをする人もいます。

そういう人を見ていると、みっともないなあと思うし、何か困ったことがあっても相談しようとは思わなくなります。女性というのは、どんなにしっかりした人でも心のどこかで男性に頼りたい、守られたいという気持ちがあるものです。だから普通の人が慌てるような場面で、冷静に的確な答えを出す男性は好ましいです。

この手のタイプの人がもし旦那さんだったら、きっと結婚した後、どんなトラブルが訪れようとしっかり家族を守ってくれるはず、と思えるのです。ですからピンチの時にも冷静な人、きちんと対処できる胆力のある人は、結婚相手として大いにありです。男女に限らず、人は大変な時にはつい愚痴の一つも言いたくなりますが、そういう時でもしっかりと建設的な意見をいえる男性は本当に素敵だし、人間的にも魅力のある人だと思います。

アラフォー姉妹の、婚活状況について

私には、妹がですね二人います、年齢は30代後半なんですが…。ちなみに私は、既婚者、子供が二人います。とにかく二人とも メチャクチャ焦っていて時間がない?早く結婚したい、子供が欲しいと言っています。ね、気持ちは良く分かります。

それで今現在、婚活をしていますが婚活は、お見合いに絞っていますね。婚活パーティーや、結婚相談所だと一から、お付き合いを初めて デートを重ねてから、上手く行けば両親に会ってと…。とにかく妹達は、その時間が もったいないと言いますね。

ですから最初から、お互いが すでに結婚をすることが前提で、お互いの両親とも顔合わせも出来ますし、将来の話しも進めることが出来るという事を期待して、お見合いを、頑張っていますよ!私も、知り合いや旦那の会社の方で婚活している方との、お見合いをセッティングしたりもしました。

でも、なかなか決まらずにですね…。もう2年以上も婚活をしています。姉としては かなり心配になりまして、二人に聞いてみました「こんなに、お見合い続けているのに何で?どうして?決まらないの?」。

理由が、分かりました!二人とも、専業主婦になり、子育て中心で家にいる事を希望していましたね。けれどもですね、お見合い相手で 良いな!理想のタイプだなと思った人とは、いつもズレ?があり多数の男性の方が、結婚しても働いて欲しいとか、働いてもらわないと生活出来る程の稼ぎがないとか…。

中には、子供は考えていない方もいるそうですよ。年下の相手とも、お見合いしているので…。でも、相手から結婚して下さい、専業主婦でも大歓迎ですと言われる方が、いらしても妹達が気に入らない、仕事が気に入らない、収入が足らないかも?とか、その親が嫌な感じだとか。

なかなか簡単にはいかないみたいですよ。そうですね、まずは自分達の見た目?や年齢、性格も理解して少しは妥協や、お見合い相手との歩み寄りが必要だと、感じましたね。大切な妹達ですから早く幸せになって欲しいと願っています。

婚活は仲間で協力するのがおすすめ

自分が30歳を超えたころ、本気で婚活しないとと思っていた時に、同じ年の独身の女友達と連携し、アラサー独身女性10人で仲間をつくりました。一人1回飲み会を企画するということにしたのですが、10人いるので10回飲み会ができるのです!もちろん飲み代はかかりますが、入会料も一切なし!

30歳を過ぎてから婚活をはじめた女性ばかりで、今まできままに過ごしてきた独身女性なので個性も強く、なかなかおもしろいメンバーでした。ハズレの飲み会もありましたが、女同士で飲んでいても楽しかったです。飲み会だけでなく、女だけで泊まりで忘年会をしたり、盛大にクリスマスパーティーをしたり、楽しい仲間と出会ったと思います。

ちなみに、女性が30歳をすぎて飲み会に参加すると、参加してくれる男性は自分たちよりも年下ということが多かったですね。自分もその仲間が開いてくれた飲み会で主人と出会い、めでたく結婚にまで至りました。ちなみに主人も自分より6つも年下です。

10人いた仲間はもうアラフォーになりましたが、そのうち今も独身なのは2人だけで、そのほかのメンバーは全員、この仲間が企画した飲み会つながりで結婚までゴールインしました。そのうちのほとんどが年下の旦那さんです。

婚活には、同じ目標を持った仲間と力を合わせて突き進むと、幸せな結果につながると思います!